父の日の豆知識

もうすぐ父の日。母の日にならって、父親に感謝するために1910年にアメリカで始まりました。日本に伝わったのは1950年ごろで、6月の第三日曜日に制定されています。母の日はカーネーションですが、父の日に贈るものは何かご存知ですか? 父の日の提唱者が父親の墓前に白いバラを供えたことから、亡くなった父には白いバラを、存命の父には赤いバラを贈るようになりました。その後日本では、黄色いバラを贈るという風習が定着しています。

黄色いバラの花言葉には、「美、友情、献身、可憐」といった明るいイメージがある半面、「嫉妬、別れ」といったネガティブイメージもあります。そのため、父の日に黄色いバラを贈るのであれば、単体で贈るのではなく、他の色や種類の花と組み合わせた花束として贈るのがオススメです。

当たり前の毎日だからこそ、そこに幸せがあります。照れくさいなんて言わないで、たまには素直に感謝の気持ちを伝えましょう。アバンなら、贈る人と贈られる人の心に寄り添うプレゼントがきっと見つかります。

父親に普段言えない気持ちを伝えたいあなたに・・・
https://avant-ltd.co.jp/making/

この記事に「いいね」を送る