父親好みの商品をお考えの方へ

6月の第三日曜日は父の日です。「ありがとう」の伝え方には、決まりはありません。言葉で伝えるのが苦手であれば、ちょっとしたプレゼントに手紙を添えるといいでしょう。

でも、こだわりの強い父親であれば、せっかくプレゼントしてもなかなか使ってもらえないなんてことも。世の中の定番にとらわれず、父親の年齢や好みに合わせて考えるといいでしょう。

お酒好きの父親ならば、名入れしたグラスと小皿はいかがでしょうか。お酒にぴったりのつまみを作り、晩酌にお付き合いしてあげると喜ばれるかもしれません。毎日遅くまで働いているならば、疲れを癒すためのお風呂グッズや、年齢が高い父親であれば、体を気遣う健康促進アイテムから選ぶといいかも。

近くにいても離れていても、父親の好みがわかるのはあなただけ。照れくさいなんて言わずに、受け取ったときの笑顔を想像しながらプレゼントを選ぶ――その時間もまた素敵なものですよ。

毎日頑張る父親にプレゼントしたいあなたに・・・
https://avant-ltd.co.jp/portfolio-type/making/

この記事に「いいね」を送る