結婚記念日の豆知識

結婚記念日に名前がついていること、知っていますか? よく知られているのは25年目の「銀婚式」と50年目の「金婚式」ですが、15年目までは1年ごとに、20年目からは5年ごとの節目に呼び名があります。

イギリス発祥のこの名称は、例えば、1年目は「紙婚式」、4年目なら「花婚式」といったように、記念日に贈るものの名前がつけられています。最初は日常的なものから、年数を重ねるごとに高価なものへと変化していきます。

現代の日本では、結婚記念日には夫婦がお互いに、もしくは子や孫から両親へお祝いの品を送ることが多く見受けられます。そのため、結婚記念日の呼び名にあわせたプレゼントよりも、贈られる人が喜ぶものを選ぶほうがいいのかもしれません。

とはいえ、夫婦のカタチは人それぞれ。一度もお祝いしたことのない人もいるでしょう。人生の節目となった結婚記念日を祝うことで、二人が決めた今後の人生のありかたを確かめることができるかもしれません。今度の結婚記念日は、何かお祝いをしてみませんか?

お世話になっているパートナーに贈り物をしたいあなたに・・・
https://avant-ltd.co.jp/apparel/

この記事に「いいね」を送る